松果体の活性化

   生物は進化の過程で、器官・組織・細胞などの生体構造を倍加させ、さらに少しずつ異なる個性を付与することにより、機能を多様化させてきました。松果体は、睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌する脳器官であり、ニワトリやサカナ...

慈悲の心と、足るを知る心をもてば、人類は違う方向を目指せるのではないか

「 タネが危ない 」―私たちは子孫の残せない野菜を食べている― 講演会開催への想い 同じ土地に同じ野菜は育たないと巷では言う。けれど自然栽培で育てれば、連作障害の心配は皆無。森で生きる植物たちは、みんな同じところで同じ芽...

テキストのコピーはできません。