松果体の活性化

   生物は進化の過程で、器官・組織・細胞などの生体構造を倍加させ、さらに少しずつ異なる個性を付与することにより、機能を多様化させてきました。松果体は、睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌する脳器官であり、ニワトリやサカナ...

花粉症を終える|End Pollinosis

「花粉症を終える」アーユルヴェーダ × ローヴィーガン  ヴェーダ哲学を研究するホリスティックヒーラーとのコラボレーションにより、インド由来の本格的アーユルヴェーダから「花粉症」に特化した叡智を。加えて「花粉症を終える」...

テキストのコピーはできません。