なぜ日光浴が必要なのか

 

太陽はあなたを救う

結論

  • 日光浴と白血球 (免疫細胞)
    Unique connection between sunlight and leukocyte
    →自然免疫・獲得免疫のバランスをとる
  • 日光浴はナチュラルハイジーン7原則の1つ
    (栄養, 運動, 太陽, 空気, 睡眠, 水, ストレスマネージメント)

理論

日光浴
 ↓
ビタミンD受容体 (樹状細胞, マクロファージ) をもつ
免疫細胞 (T, B細胞), 抗原提示細胞を直接活性化
 ↓
活性型ビタミンDを産生
 ↓
抗菌ペプチド* , 大腸細胞壁の緻密性を保つ
 ↓
大腸の血流に毒素や病原菌の侵入を防ぐ
防衛タンパク* を産生する遺伝子を促進
 ↓
ウイルスや細菌に対処する免疫反応を支える
*防衛タンパク/抗菌ペプチド (カテリシジン, etc.) とは
・自然免疫系の一部
・口, 鼻, 呼吸器で産生される
 (外部環境と接触するバリアー部位)
・ウイルスが細胞に付着するのをブロック
  ↓
 細胞強化
  ↓
 ウイルスの細胞への貫通阻止
  ↓
 肺のウイルス感染率が劇的に減少
・ウイルスが肺の細胞に影響を与える前に
 ウイルスに直接付着してウイルスの膜を
 攻撃し破壊する
・炎症性サイトカインの炎症を抑制
  ↓
 細胞の損傷を減らす
  ↓
 過剰になった免疫反応を抑制
・カテリシジンの抗ウイルス効果
 =ビタミンD, 食物繊維, ブチレートの相乗作用

方法

  • 週4回以上 (理想は毎日の習慣化)
  • 午前10時頃 or 午後3時頃
  • 約10〜15分/回
  • 夏は10分でもよい (臨機応変に)
  • 裸足で歩くとアーシングができて一石二鳥
  • 日光を手足首顔などの皮膚に直接当てること
    (日焼け止めは吸収効果を妨げる)
  • 日光浴をしながら歩くと運動にもなる
  • 清い外気で深呼吸 (マスクをしない)
  • 植物にふれて自然の恵みに感謝する
    (持続可能性の鍵は自然回帰にある)
  • 仕事で日光浴ができない場合
  • ビタミンD3サプリメントを2000IU/日 摂取

ナチュラルハイジーン7原則の実践例

  • 栄養→水分の多い生きた植物→生菜食/ローヴィーガン
    (体内の水分と植物の水分は同じ層, 自然の原理), 禁酒
  • 運動→ヨガ, ウォーキング, 入浴後の柔軟体操, ラジオ体操
  • 太陽→日光浴, サンゲージング (松果体活性化)
  • 空気→ウォーキング, アーシング, 禁煙
  • 睡眠→22時〜2時に良質な睡眠状態にあること (最低6時間以上)
  • 水 →純水, 最初は意識的に飲む→習慣化
    理想は1500ml〜2000ml/日, 量は体質に依存する
  • ストレスマネージメント/心の平安
    →瞑想, ヨガ, 笑う, 意識の拡大, パートナーとの良好な関係, 自己実現

すべてが密接に絡み合う
ライフスタイル、習慣が要

持続可能性の鍵は自然回帰

Chandrika Chihiro
Catharsis Therapist|Yoga Therapist
テキストのコピーはできません。