今の自分を糧に道をつくる

 

ルドルフ・シュタイナーは
ギーターやサーンキヤ哲学、ヨーガとの出会いを
「運命的な」ものとして受けとめるように、と呼びかける。
「バガヴァッド・ギーター」や「パウロの書簡」から、
運命的なものが私たちに立ち向かってくる。

しかし、
自分で出会おうとしないと
運命とは出会えない。

「運命」として出会うか。
単なる知識として出会うか。

人は決めたその瞬間から
道が切り拓かれていく。

地球上のミレニアル世代の約7割は
ベジタリアンやヴィーガンという時代。
たとえ親がそうではないにせよ、
自発的にシフトしていく。
私にはその理由が鮮明に理解できる。

新しい時代の幕開けに、
プレゼンスを生きよう。

 

Chandrika Chihiro
Catharsis Therapist|Yoga Therapist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

テキストのコピーはできません。